作品の世界観


1902年狩猟に出かけたアメリカ大統領ルーズベルトのエピソードとその風刺画のクマから着想して売り出し大ヒットしたクマのぬいぐるみ。大統領のニックネームにちなんでテディベアと名付けられました。以降、可愛さ、優しさの記号となっているテディベアのモチーフ。この普遍的アイコンを漫画的な(日本的な)解釈も加えつつシンプルに形にしました。またその記号性とは裏腹に実際には危険な動物であると言う二面性をちょっとスパイスの利いたフレグランスで表現しています。
言霊というものがある。声に出した言葉はその本人の耳から自身の阿頼耶識(あらやしき)という場所に蓄積され現実の出来事に影響を与えるという。他人に対して発したつもりの悪い言葉でも、自分の耳から自信の阿頼耶識に届き自分自身に悪い出来事をもたらしてしまう。逆にポジティブな言葉を発する人にはポジティブな結果がもたらされるという。作者は言霊を形として表現しようとしたとき漫画表現における吹き出しが浮かんだことから漫画的な少女と言霊のモチーフを着想した。また絵画的表現に挑戦した造形としてエポックメイキングな作品でもある。
突如ポップシーンに現れ(その繊細な感性と裏腹に)挑戦的な眼差しで堂々とステージに立つギターガール。
おもむろにギター1本でコードバッキングを始め、その声をひと声を放っただけで、一瞬にしてオーディエンスを虜にしてしまいます。
既存のミュージックシーンに新しいアーティストが吹き込む新しい空気や勢い、彼女の息づかいを作品は表現しています。
サンスクリット語の「ニルヴァーナ」は涅槃(ねはん)の意味。涅槃とは悟り、すなわち本能から起る精神の迷いがなくなった状態を言います。代表の座右の銘である「諸行無常、諸法無我、涅槃寂静」がデザイン発想のスタートになっています。
蓮(ハス)は泥水の中からでも清らかな美しい花を咲かせる。その姿はブッダの象徴とされ、又、清らかに生きる人の有るべき姿です。このブッダの象徴である蓮の葉、そして花が静寂の水面に浮かぶイメージ。
又、故カートコバーンが率いたグランジの伝説的バンド「ニルヴァーナ」がスリーピースバンドであったことも3つの葉のデザインに反映させています。
能面の様にぼーっと無表情に遠くを見つめ、つかみ所がないのだけど、なんだかカワイイ、ユーモラスな風貌。ユマイのメインキャラクター「モノグラムフェイス」は製塩業時代の馬居家の塩の商標の図形素(二つ輪、丸、菱形からなるモノグラム)の組み合わせから生まれました。
Tiny Heart(タイニーハート)はその名の通り「小さなハート」
レディオヘッドが歌う「True love waits」ってセンチメンタルなラブソング。その詞に泳ぐ「Your tiny hands Your crazy kiss and smile …君の小さな手 君のキスと微笑み」ってフレーズ。大切な人を柔らかく包み込むような、そんな詞の世界観を表現してみました。
丸みを帯びた小さなハート この柔らかくて切ない想いが伝わればいいのに。
私を月に連れてって。
日常に疲れて人々は夢を見ます。ここではないどこか違う場所。自分に広がる別の可能性。連れ出してくれる誰か(何か)を待っています。
さあご招待しましょう!ここは月の上。ビンテージなフルアコが奏でるウォーミーなジャズトーン。ムーディーなJAZZ音楽にのせて、月の上でのバスタイム。例えば架空の恋人に想いを馳せながら。
そんな空想のトリップしてみませんか?
パンクな異端児ネバーマインド。あんぐり開けられた口は絶望の表情もしくは絶句の表情にも見えます。
破れたガーゼのシャツ、タイトな革パンにブーツ、そして鋲のついたアクセが定番。口癖は「気にすんな!」
...ってことは彼女の名前はナンシー!?(笑)テーマ曲はもちろん「アナーキーインザUK」
今夜はパンクな気分、バスルームで騒いじゃう?
明るい表の顔と暗い内面。こわそうだけど、実はやさしい。真面目と不真面目が混在する。...人は誰しも少なからず多面性を持ち合わせています。
ニコニコ笑顔だけどいつも涙目。ティアーズアイはそんな相反する多面性を表現しています。ちっちゃくてかわいいルックス。だけどちょっと悪い心を持ち合わせている、、、かも!?。彼(彼女?)はコウモリ族。空も飛べるのです。
独自性、個性、先進性のメタファーであるボブヘアをもった少女のモチーフ。その目はつぶられています。個性の際立った人物が、その繊細さ過敏さ不器用さ故、傷つく事を恐れある種の情報を遮断してしまっている状態を、そしてまたそのような人物は他人の行いにも「目を瞑る」ような寛容さも持ち合わせていることを表現しています。一方「眠っている少女」との解釈においては、安らかな眠り、癒しの状態を手に取ってもらった人々に感じてほしいとの作者からの願いでもあります。
UMAI
ホーム  |  特定商取引法に基づく表記 |  プライバシーポリシー  |  返品について  |  送料 |  お問い合わせ
© UMAI MASAHARU 2013